• お電話でのお問い合わせは TEL03-6804-6925
  • 無料お見積りはこちら

高精度な自動翻訳(英語・中国語)をビジネスシーンに~早い納期と低コスト~

自動翻訳を利用してみたけれど、間違いが多く満足できなかった経験はありませんか?

日本語には特徴があり、そのまま自動翻訳を利用しても思い通りに翻訳されないこともあります。自動翻訳の仕上がりをより高精度なものにするため、文章の書き方のポイントをご紹介いたしますので、参考になさってください。

また、高精度なだけでなく早い納期と低コストを誇る、翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの自動翻訳(機械翻訳)の安全に対する取り組みについてもご紹介いたします。

自動翻訳を高精度にする文章~早い納期の自動翻訳は翻訳会社ニューラル翻訳研究センター~

精度の高い書類とパソコン

まず、自動翻訳が解釈を誤りやすい日本語の特徴としては以下のことが挙げられます。

日本語の特徴

自動翻訳が解釈を誤りやすい日本語の特徴としては以下のことが挙げられます。

一文が長い

一文が長く、多くの情報が含まれていると、自動翻訳に間違った解釈をされてしまう可能性が高まります。

曖昧な表現が多い

表現が曖昧だと、前後の文脈から意図を読み取る必要がありますが、自動翻訳にとってはとても難しいことです。本来の意味とは異なる翻訳が仕上がることが考えられます。

主語が存在しないことがある

英語のように明確な主語が表記されないことが多いのも日本語の特徴です。曖昧な表現と同様に、自動翻訳に誤った解釈をされる可能性を高めてしまいます。

自動翻訳の精度を高めるためにできる工夫

一文を短くする

長い文は二つの文に分けたりするなど、一文に含まれる情報を少なくすることで自動翻訳による解釈の間違いを軽減することができます。

曖昧な表現、主語・述語・目的語の省略を避ける

英語などに翻訳しようとする文章については、断定的な表現を意識的に用いたり、主語・述語・目的語を明記したりすることが自動翻訳の精度を高めることにつながります。

なるべく漢字表記にする

正しい漢字が選択されている文章であれば、自動翻訳に意味の取り違えをされる可能性が軽減します。

東京の翻訳会社ニューラル翻訳研究センターでは、高精度な自動翻訳によって早い納期で英語から日本語、日本語から英語及び中国語から日本語、日本語から中国語の翻訳を承ります。

ビジネス翻訳や法務・契約書翻訳・医学・技術・論文・特許・環境など、翻訳会社ニューラル翻訳研究センターが対応可能な翻訳分野はこちらからチェック

自動翻訳を高精度に実現する翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの取り組み

胸に手をそえるビジネスマン

自動翻訳を用いて高精度な翻訳をご提供する翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの安全に対する取り組みについてご紹介いたします。

再委託せず情報漏えいの心配がない

翻訳会社によっては、さらに再委託先である第三者に翻訳を依頼するケースがあることも事実です。翻訳会社ニューラル翻訳研究センターでは、お客様からお預かりした文書を第三者の手に渡すことはせず、AI自動機械翻訳によって全て社内で翻訳作業を完了させます。そのため、情報漏えいの心配がありませんので安心してお任せください。

暗号化システム(SSL)を採用

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)から注意喚起が発せられるなど、インターネット上のサイトは情報漏えいリスクを常に抱えています。翻訳会社ニューラル翻訳研究センターでは、日本国内のAI自動機械翻訳サーバーを採用し、ISMS認証取得の設備にて外部の不正なアクセスから保護されています。データ通信においても、暗号化システム(SSL)を採用することで安全性の向上に取り組んでいます。

このように、高精度な自動翻訳を低コスト・早い納期で実現するだけでなく、お客様からお預かりした大切なビジネス文書などを安全に管理する取り組みを実施しておりますので、ぜひご活用ください。

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの個人情報保護についてはこちら

自動翻訳なら東京・翻訳会社ニューラル翻訳研究センターへ!~高精度な自動翻訳の見積もりが無料~

日本語から英語などに自動翻訳する際にちょっとした工夫をすることで、自動翻訳の解釈の間違いを防ぐことができます。

東京にあります翻訳会社ニューラル翻訳研究センターでは、AI自動機械翻訳によって高精度な翻訳をご提供することが可能です。ビジネス翻訳や財務・会計翻訳などに対応し、早い納期と低コストが自慢の自動翻訳は、無料見積もりにも対応していますのでぜひご活用ください。メールなどでのお取引が可能ですので、東京近郊以外の方もご利用ください。

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターのご利用の流れはこちら

高精度な自動翻訳を行う翻訳会社ニューラル翻訳研究センター

会社名
ニューラル翻訳研究センター株式会社
代表取締役
  • 樽谷 和希
  • 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
設立
  • 1994年6月21日 親会社である株式会社トランス・ビューロー設立
  • 2018年3月 ニューラル翻訳研究センターが親会社よりスピンオフ
住所
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目9−6
電話番号
03-6804-6925
FAX番号
03-6804-6152
E-mail
brain@nmthonyaku.com
URL
https://nmthonyaku.com/
資本金
6,200万円(グループ会社含む)
従業員数
25名(専属ポストエディター含む)
業務内容
翻訳
主要取引先
各種企業及び官公庁、大学、研究所、病院、弁護士事務所 etc.
取引銀行
三井住友銀行/三菱UFJ銀行

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの3大メリット。
AI自動機械翻訳」で高精度な翻訳仕上がり、スピード納品、低価格の日英翻訳・英日翻訳の英語翻訳サービスをご提供します。