• お電話でのお問い合わせは TEL03-6804-6925
  • 無料お見積りはこちら

ポストエディティングとは

What is Post-Editing?

ポストエディティングとは?

ポストエディティングとは、機械翻訳による翻訳文に人の手による校正および校閲を施すことです。つまり、ポストエディターが、原文と照合しながら編集、変更、修正を行い、訳文の質を高めていく作業を行います。

機械翻訳の精度は、革新的な科学技術の進歩により、飛躍的に向上してきていますが、それでも完璧なわけではありません。原文が複雑になればなるほど、訳の抜けや、文あるいは固有名詞等の誤訳も起こってしまいます。

そこで求められるのが”ポストエディティング”です。機械翻訳による不完全な訳文に人の手によるポストエディティングを施すことで、より滑らかで読みやすい訳文へと仕上げていくことができます。

ある翻訳の実験では、大学で使用する事務文書を、”機械翻訳のみ”、”機械翻訳とポストエディティングのセット”、そして”人の手による翻訳”で翻訳を比べ、品質、価格、納期における3つの要素を総合的にユーザー評価しました。その結果、ほぼ全員が”機械翻訳とポストエディティングのセット”で満足したとのことです。”機械翻訳のみ”では、価格と納期において魅力的ながらも品質に劣り、”人の手による翻訳”では、品質において間違いはなくても、価格と納期が懸念材料になってしまうということです。

このように、人力による既存翻訳に比してスピードとコスト効率面の甚大なるメリットを考慮すると翻訳分野や内容次第では機械翻訳 + ポストエディティングによる”新時代の翻訳”を活用しない手はありません。

弊社では、そうしたお客様のニーズにお応えし、経験豊富なプロポストエディターが対応する、品質、スピード、価格において必ずご満足いただけるポストエディティングサービスをご提供いたしております。

機械翻訳で出力される訳文の傾向って?

機械翻訳で使われるシステムの種類は多岐にわたりますが、どのシステムでも共通していることは、元の原稿で使われている文章が複雑であればあるほど (特に文構造および多義語などにおいて)それだけ出力される訳文の精度は落ちる傾向にあります。

【例】

単純な構造をもつ文章の場合

と、とても正確に翻訳されます。

複雑な構造をもつ文章の場合

この文章は長く、複雑な構造をしているため、最後の節、as a result of which 「その結果として」が約抜けしています。(○○○○の箇所)

このように比較的単純な文構造および単語の意味を含む前者の英文などを機械翻訳によって出力すると精度はかなり高くなりますが、比較的複雑な文構造および多義語などを含む後者の英文などでは精度は落ちてしまいます。そこでポストエディティングが必要となってきます。ポストエディティングによって、求める翻訳水準に合わせて校正および校閲を施していきます。

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの3大メリット。
AI自動機械翻訳」で高精度な翻訳仕上がり、スピード納品、低価格の日英翻訳・英日翻訳の英語翻訳サービスをご提供します。