• お電話でのお問い合わせは TEL03-6804-6925
  • 無料お見積りはこちら

ニューラル翻訳(AIの自動翻訳)で英語を翻訳!早い納品を実現~機械翻訳の進化と歴史~

AIの進化によって、私達の生活やビジネスは非常に便利で快適なものに変わりました。特にビジネスシーンでは、ニューラル翻訳(AIの自動翻訳)が大きな力を発揮しています。

ニューラル翻訳では、NMT(ニューラルネットワーク)がさまざまなことを学習し、原文を字数値であるベクトルに変換・分類して翻訳するため、以前より自然な文脈を実現できるようになりました。

機械翻訳の歴史と進化についてご紹介いたしますので、基礎知識としてご確認ください。

機械翻訳の歴史と進化

進化するAI

高度な知識、最先端の技術を備えたAIは、1950年代初頭から研究が開始されました。その当時は推論と探索の特定のことしかできず、実用性には至りませんでした。機械翻訳が実用段階に達したのは、約40年前、1980年以降の「統計翻訳」が急速に普及したことから始まります。

統計翻訳とは、学習したデータに基づき、翻訳モデルを自動で作成するシステムです。情報が蓄積されるほど、AIは学習して翻訳の精度も高くなります。ニューラル翻訳といった現在の機械翻訳は、自動学習機能を搭載していますので、非常に優秀で、高精度な翻訳が可能です。

また、AIに関する技術開発は進化を遂げ、近年は音声入力にも対応できるようになりました。

早い仕上がり!英語の翻訳は翻訳会社ニューラル翻訳研究センター

翻訳について説明するビジネスマン

このように、機械翻訳は進化を遂げてきましたが、どの自動翻訳機でも同じではありません。翻訳した文章が不自然である、精度が悪い、翻訳のスピードが遅いなど、さまざまな問題があります。

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターを利用すると、下記のようなメリットがあります。

高精度な翻訳が可能

翻訳精度は最高で約95%

最高で約95%と言うことであり、どの場合でも約95%と言うことではありません。全体的にはTOEIC900点の人間が翻訳したレベル相当となります。

早い仕上がり

100枚で翌営業日、500枚で3営業日以内に納品可能

コストを大幅に削減

どこよりも安く、日⇔英訳では世界で一番安いと自負しております。日本語から英語では業界平均の約15分の1の金額、英語から日本語では業界平均の約8分の1の金額となっています。今まで翻訳にかかっていた経費を、大幅に削減することができるかもしれません。

仕上がりが早い翻訳会社ニューラル翻訳研究センターのご利用の流れはこちら

ニューラル翻訳(AIの自動翻訳)に関するお問い合わせはお気軽に

機械翻訳の歴史と進化についてご説明いたしました。

英語のニューラル翻訳(AIの自動翻訳)をご希望の方は、仕上がりが早い翻訳会社ニューラル翻訳研究センターをご利用ください。専門用語を2,000万超の単語データベースに蓄積したニューラル翻訳を活用していますので、金融、ビジネス、財務・会計、法務・契約書、医学、技術、論文、特許、環境など、幅広い分野の翻訳が可能です。お見積もり、翻訳のトライアルは、無料で対応しております。

ニューラル翻訳に関するご質問やご相談などがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ニューラル翻訳をご希望ならニューラル翻訳研究センターへ

会社名
ニューラル翻訳研究センター株式会社
代表取締役
  • 樽谷 和希
  • 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
設立
  • 1994年6月21日 親会社である株式会社トランス・ビューロー設立
  • 2018年3月 ニューラル翻訳研究センターが親会社よりスピンオフ
住所
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目9−6
電話番号
03-6804-6925
FAX番号
03-6804-6152
E-mail
brain@nmthonyaku.com
URL
https://nmthonyaku.com/
資本金
6,200万円(グループ会社含む)
従業員数
25名(専属ポストエディター含む)
業務内容
翻訳
主要取引先
各種企業及び官公庁、大学、研究所、病院、弁護士事務所 etc.
取引銀行
三井住友銀行/三菱UFJ銀行

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの3大メリット。
AI自動機械翻訳」で高精度な翻訳仕上がり、スピード納品、低価格の日英翻訳・英日翻訳の英語翻訳サービスをご提供します。