• お電話でのお問い合わせは TEL03-6804-6925
  • 無料お見積りはこちら

AI自動翻訳を早い段階で金融・ビジネスシーン~研究分野で活用しよう~AIとは?AIの種類と特徴~

AI(人工知能)は、どのようなことができるのでしょうか?AIが進化していく中で、私達の生活は今よりもっと、便利で快適になっていくでしょう。また、生活面だけでなく、AIは金融・ビジネスから研究分野(論文の翻訳など)・技術文書・特許そしてショップ・専門職などの翻訳案件でも大きな力を発揮してくれますので、早い段階で活用することをおすすめいたします。

AI自動翻訳をご提供している翻訳会社ニューラル翻訳研究センターが、AIができることや、その種類についてご紹介いたしますので、どうぞご覧ください。

AIとは?

プログラム

AIとは、Artificial Intelligenceの略称で、人間が行っている知的な作業を、人工的にコンピュータ上などで行うシステムのことです。AIが進化することで、現在あるさまざまな仕事をAIが代わりに行ってくれるようになると言われています。

AIは、「強いAI」と「弱いAI」の二つに分類されます。

強いAIは汎用人工知能と呼ばれ、人間のように考えながら仕事を行うことができます。一方、弱いAIは、特化型人工知能と呼ばれ、あらかじめプログラムされたことのみに対応可能です。

AI自動翻訳に関心がある方はこちらのコラムもチェック

AIの種類

キーボードを打つ人

AIと一口に言っても、さまざまな種類があります。AIができる代表的なものをご紹介いたします。

画像や動画

画像や動画に写っているものを、AIが認識します。監視カメラや写真加工アプリなどに活用されています。

異常検知

正常な行為を学習することで、変化や異常を検知します。工場や医療現場などで役立ちます。

言語

人が話す言語を認識し、質問に回答してくれます。文章を読んで理解することができるので、機械翻訳(AI自動翻訳)として活用されています。

制御や推論

データをもとに、最善の行動を決定するものです。囲碁や将棋、自動運転などで使用されています。

クラス分類

過去のデータをもとに、どこに分類されるのか予測します。迷惑メールの分類などに活用されています。

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターでは、AI自動翻訳による翻訳をご提供しております。AI自動翻訳を活用すれば、人の数十倍~数百倍のスピードで翻訳することができます。人件費などのコスト面で考えても、AI自動翻訳は非常に魅力的です。

AI自動翻訳についてもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらもご覧ください。

AI自動翻訳を取り入れたい方へ~早い段階で金融・ビジネスシーンから研究分野・技術文書そしてショップ・専門職の翻訳案件にご活用を~

AIの種類をご紹介いたしました。日本企業もグローバル化が進み、海外へ進出する企業も増加しています。ビジネスをスムーズに進めていくためには、早い段階でAI自動翻訳を取り入れることをおすすめいたします。

AI自動翻訳に関するご相談やお悩みなどがございましたら、翻訳会社ニューラル翻訳研究センターへ、お気軽にお問い合わせください。機械翻訳は従来の統計型翻訳からニューラル型翻訳に移行したことで、翻訳の精度が格段に向上していますので、金融・ビジネス(会計や契約書など)から研究分野(論文の翻訳など)・技術文書そしてショップ・専門職の翻訳案件など、さまざまな分野の翻訳に対応可能です。

早い段階でビジネス(会計や契約書など)に活用しよう!お問い合わせはこちら

業務で翻訳が必要ならAI自動翻訳を行う翻訳会社ニューラル翻訳研究センターへ

会社名
ニューラル翻訳研究センター株式会社
代表取締役
  • 樽谷 和希
  • 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
設立
  • 1994年6月21日 親会社である株式会社トランス・ビューロー設立
  • 2018年3月 ニューラル翻訳研究センターが親会社よりスピンオフ
住所
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目9−6
電話番号
03-6804-6925
FAX番号
03-6804-6152
E-mail
brain@nmthonyaku.com
URL
https://nmthonyaku.com/
資本金
6,200万円(グループ会社含む)
従業員数
25名(専属ポストエディター含む)
業務内容
翻訳
主要取引先
各種企業及び官公庁、大学、研究所、病院、弁護士事務所 etc.
取引銀行
三井住友銀行/三菱UFJ銀行

翻訳会社ニューラル翻訳研究センターの3大メリット。
AI自動機械翻訳」で高精度な翻訳仕上がり、スピード納品、低価格の日英翻訳・英日翻訳の英語翻訳サービスをご提供します。